タフフィットネスなら好きなとき好きなだけジムでトレーニングして痩せやすい体つくりませんか?

新着情報

ジムオーナーサンタのブログ 配信中!
タフフィットネスについて 入会・料金案内
ジム案内・アクセス トレーニングマシン
PAGE UP

レッグカール

2009.09.13 Sunday
 レッグカール
足を鍛えるマシンです。
レッグエクステンションは太もも前の強化ですが
このレッグカールは太もも裏(大腿二頭筋)の強化に有効です。

反動を使わないように、大腿二頭筋に意識を集中して
動かすことがポイントです。
PAGE UP

エアロバイク

2009.09.13 Sunday
エアロバイク
初心者から、アスリートまで幅広い負荷に対応する
CYBEXのCARDIOシリーズを2台設置しています。

幅広いメニューと、見やすい画面。
人間工学に基づいてデザインされた背もたれがついていますので
背中への負担が少なく、漕ぎやすいのが特長です。

トレーニングは準備運動が大切です。
まず準備運動代わりに、バイクでからだを暖めましょう。

からだを暖める目的なら、急いで漕ぐ必要はありません。
回転数が50〜60程度あれば充分です。
(画面に表示される回転数を確認!)

これは有酸素運動ですので、20分以上漕ぐのがおすすめです。

バイクでからだを暖めたら、
ストレッチをしてから
各種マシンでトレーニングを始めましょう。

目の前には50インチの大型テレビがあり、
CS放送などチャンネルも豊富です。
好きな番組を見ながら、からだのチャンネルを
トレーニングモードにシフトしましょう!
エアロバイク2
PAGE UP

ベンチプレス

2009.09.13 Sunday
ベンチプレス
上半身を鍛えるマシンです。
2台設置しています。

ベンチに横たわった状態で、バーベルを握り、胸の上に降ろします。
そして両腕でバーベルを上に押し上げる。この動作を繰り返します。

上半身の大部分を鍛えることができるので、人気の種目です。
PAGE UP

アームカールベンチ

2009.09.13 Sunday
アームカールベンチ
腕を鍛えるマシンで
特に、力こぶと言われる部分をパワーアップさせます。

腕を固定して行うので、反動が使えず、ごまかせません!

腕の角度が無理なくトレーニングできることを前提に設計されており、
バーを置くホルダーも大きく、安全に使用できます。
PAGE UP

ラットプルダウン

2009.09.13 Sunday
ラットプルダウン
背中を鍛えるトレーニングマシン。
調整可能なウエイトを使用します。

慣れない方は、腹筋や腕、反動でバーを引き下げしてしまいがちで、
それではせっかくのトレーニング効果が半減です。
トレーナーがアドバイスしますので、ご安心ください。

背中を鍛えるマシンは、他にもグラウンドベースゼロがあります。
あえて2種目用意した理由は、
同じ部位を違う運動で動かすことにより、
相乗効果が得られるためです。

ラットプルダウンの後にグラウンドベースゼロをした場合と、
グラウンドベースゼロの後にラットプルダウンをした場合では、
また効果が異なります。

様々なメニューで、効果のあるトレーニングを続けましょう!
ラットプルダウン2
PAGE UP

グラウンド・ベース・ゼロ

2009.09.13 Sunday
グランドスペースゼロ2
ラットプルダウンと同様、これも背中を鍛えるマシンです。
ラットプルダウンはよく見かけるマシンですが
これを置いてあるところは、あまりありません。

この一番の特徴は、
オルタネイト(交互)のトレーニングができるということです。

また、垂直運動だけでなく、斜めからの運動も可能なマシンですので
お腹や腰も効果的に鍛えることができます。

背中を鍛えるマシンを、あえて2種目用意した理由は、
同じ部位を違う運動で動かすことにより、
相乗効果が得られるためです。

ラットプルダウンの後にグラウンドベースゼロをした場合と、
グラウンドベースゼロの後にラットプルダウンをした場合では、
また効果が異なります。

様々なメニューで、効果のあるトレーニングを続けましょう!
グランドスペースゼロ2
PAGE UP

レッグエクステンション

2009.09.13 Sunday
レッグエクステンション
足を鍛えるマシンです。
特に大腿四頭筋の強化に有効です。

シートに座り、足首をパッドにかけて、
両手でしっかりバーをつかみます。
ひざを伸ばしてパッドを持ち上げ、戻す。
これを繰り返します。

反動を使わないように、大腿四頭筋に意識を集中して
動かすことがポイントです。
PAGE UP

ライナーレッグプレス

2009.09.13 Sunday
ライナーレッグプレス
足全体を鍛えるマシンです。
座った状態で行い、スクワットに近い効果を得られます。

チューブ式リニアベアリングを使用しているため滑らかに可動し、
角度は35度で腰を痛めにくく、背もたれの調整は8段階です。

重りは20kgプレートを使います。
(耐重量600kg)
PAGE UP

パワーラック

2009.09.13 Sunday
パワーラック
高重量のウエイトトレーニングはパワーラックを使用します。
ハードトレーニングを行う時は、かかせません。
TUFF STUFFのパワーラックを設置いたしました。

鉄骨を組み合わせた、箱状の中でトレーニングすることで
トレーニーを守ってくれます。

・トレーニング種目例
スクワット
デッドリフト
ベントオーバーロウ
アームカール
アップライトロウ
ベンチプレス
ショルダープレス
インクラインプレス
スティフドレッグデッソリフト

バーベル重量は300kgまで対応しています。
パワーラック2
PAGE UP

ダンベル

2009.09.13 Sunday
ダンベル
細かな筋肉を鍛えたり、高重量のトレーニングにも対応できるダンベル。
初心者からアスリートまで対応で使えるように
1kg〜30kgまでご用意しています。

ダンベルなど、マシンを使わないものをフリーウエイトと言います。
ウエイトにワイヤー等がついているトレーニングマシンに比べると、
安全性は低くなりますが、トレーニング効果はバツグンです。

初心者の方でもトレーナーがアドバイスいたしますので
ぜひチャレンジしてください。
ダンベル2
PAGE UP

タフフィットネス 044-299-7455 小田急多摩線栗平駅から徒歩5分
RSS ATOM
RSS1.0Atom0.3
CALENDER
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECENT COMMENT
LINKS
ARCHIVES